2005年08月12日

「野生の呼び声」ジャック・ロンドン

昆虫、鳥類(青い鳥)と来たので、哺乳類を・・・。
僕の中では、なんといっても「野生の呼び声」です。単なる動物の物語だけでは読み尽くせない深さがあります。大人はそっちで味わってください。もちろん、動物のストーリーとしても、純粋に読みごたえがあります。紹介するのは、吉田秀樹訳です。
野生の呼び声
icon

犬の仲間、ということで安易に「シートン動物記」です。いろいろな出版社から翻訳が出ていますが、おそらく最新刊の今泉吉晴訳を紹介します。
ロボ
icon

icon
icon


posted by 本読人 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

幸福な王子―ワイルド童話全集
Excerpt: 「サロメ」や「ドリアン・グレーの肖像」などで有名なオスカー・ワイルドの童話集。表題作は子供向けにリライトされたものが流布しているので、そちらを知っている方も少なくないでしょうが、こちらが原作です。童話..
Weblog: みずきの記録
Tracked: 2007-10-31 17:26

肉体の悪魔 (光文社古典新訳文庫)
Excerpt: 訳文は、平易で格調高く、作品自体には経年の劣化を感じさせるところはいささかもない。解説にも描かれているように、作品は若者と人妻のひと時の恋愛を描いたに過ぎないものである。しかし、一人称で透徹したニヒリ..
Weblog: みずきの記録
Tracked: 2008-01-19 20:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。