2005年10月27日

「納豆力」渡邉純子

さすがに大豆の栽培はしていないのですが、ときおり国産大豆を買ってきて、自家製納豆を作っています。子供の頃は炬燵で作っていた記憶ががあります。今は発泡スチロールの函を買ってきて、お湯を入れたペットボトルで温度調節しながらやっています。
さて紹介する「納豆力」は、そうして作った納豆のメニューを増やそうと購入した本です。レシピ中心なのですが、監修を医学博士の須見洋行さんが行っていて、健康面からの話もいろいろ書かれています。
納豆はエライ! と思える一冊です。
納豆力
icon

そして、納豆とは生産地繋がりで・・・。
梅干しと梅酒を作るための参考書として買いました。なんといっても両方が一冊に載っていることが賢いです。
さらに梅以外の果実酒の作り方も載っています。防災用に氷砂糖を保存しているのですが、年数が経って買い換えた時の古い氷砂糖の使い道に昔は困っていました。今はこの本を見ながら、リンゴ酒に使ったり、イチゴ酒に使ったり・・・。そういえばカリンやザクロもお酒にしたっけ・・・。役に立つ本です。
主婦と生活社の料理入門シリーズです。・・・梅酒作りや梅干し作りは食品加工であって、料理とは言わないだろう・・・。ちょっとしたレシピも載っています。念のため。
梅と果実酒入門
icon


posted by 本読人 at 11:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの子供たちは、納豆好きです。でも、意外と多くの幼児が好きなように思います。
 日本人って、ことでしょうか?不思議です。

漬物づくりも食品加工ですか?料理と加工の境界線は何でしょうか?その日の食事のためにこしらえるのが料理ですか?やがて来るであろう食するときを夢見てこしらえるのが、加工?
Posted by 佐藤K(KAZZ Satoh) at 2005年10月28日 18:57
そういえば、料理と食品加工の境界線って、気になりますね。
僕のイメージだと、
〔料理〕食材から、口に入る前の形までの作業。
〔食品加工〕原料を食材にする作業。
みたいな感じでしょうか。でも、それにしてもグレーゾーンはありますね。佐藤Kさんの方が、適切かもしれません。
Posted by 本読人 at 2005年10月29日 01:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。